メンズビジネス用のレインシューズはカジュアルでおしゃれな物を

楽PRESS

梅雨や雪の日が来る前に揃えておきたい物の一つにレインシューズがあります。
ブーツですね。
今から早速足のお供のレインブーツを探しましょう。

 

女性から見た、男性の素敵なレインシューズを履いたスタイルは魅了されますよ。
鬱陶しい雨の日だから、颯爽と歩いている格好いい男性の姿に目が行きます。

それだけに単なるブーツではなくレインシューズはこだわって選びたいものです。
昔だったらスーツに長靴はノーグッドですよね。

それに出かけるときは雨が降っていたとしても、その後お天気になったら雨靴では流石にまずいです。

それが最近はブーツかしら?それともレインシューズ?と思えるようにおしゃれになりました。

会社にも履いていける(一見紳士靴)カジュアルにも向いているデザインですしね。

傘ではないけど晴雨兼用ですよ。そうそう雨だけではなく雪の日にもいいですね、足元あったかいし。

足元は結構大事ですよ、見てないようで人の目は見ていますからね。

高性能なレインシューズはトータルなスタイリッシュでバッチリ!
まあ1足あればかなり長く使えますから機能性を備えたものがオススメです。

 

 

レインシューズのメンズビジネス用は機能的で

おしゃれなものを

 

 

梅雨の時期にお世話になるレインシューズ、ただ格好いいだけでは用を足しませんよね。
雨の日でも雪の日でも、ビジネスで活躍してくれるレインシューズは通気性、防水性が

劣っていてはお話になりませんからね。かつ丈夫でおしゃれなデザイン、

梅雨だけではなくいろんなシーンで利用できますから。

あまり安いものですぐにダメになるものは避けたほうがいいでしょう、少し高価なものの方が結局はお得です。

長く使って元を取る。

 

 

 

レインシューズメンズ用はカジュアルであることも大事

レインシューズは場所も季節もシーンも問わない使い方ができると便利ですね。

ビジネス用でありながら、カジュアルな感じならどこへでもいけますから。

レインシューズ(雨靴)を晴れの日に履いても違和感がないことは素晴らしいことですよね。

目的別(天気や訪問先)に左右されないので履き替える必要がありません。

これは便利でかなり時間と労力の節約になりますよ。

スニーカー感覚でも履いてもらえますので本当気楽です。

改まることなくそれでいてカジュアルで使い勝手のいい靴とでも言いますか、レインシューズの

良さです。雨靴の役割を果たしていながらダサくないところがいいですね。

 

 

メンズビジネス用レインシューズを選ぶときのポイント3

 レインシューズの一番の目的が雨で足が濡れないことなので、当然防水性の高いもの
選びます。靴の縫い目からも浸水がないものを選びます。

 

 通気性のいい素材を使っているものを選びます。
一見防水性のいいものと通気性のいいものというのは矛盾しているようですが、
雨が止んだ後にはしっかり通気をよくする機能が大事です。

 

 雨の日は雨水で路面が濡れています。
当然滑りやすくなっていますので靴底にはしっかりした滑り止めがついていることが大事なので

 

最低この3つはしっかりチェックしておきましょう。
あとは自分の好みのデザインだったり、色だったりレインシューズのたけの長さなどを
楽しみながら決めるといいでしょう

まとめ

いかがでしたか。
たかがレインシューズ、されどこだわりのある靴です。

本当に水の中で作業をするときは昔ながらのあの黒い重い長靴が重宝するのでしょうけど、
外回りのビジネスマンにはあの長靴は不向きですよね。

でも足は濡らしたくない、だけど見た目も大事ということでレインシューズが大人気なんですね。
応用範囲が広く利用価値が高いのですから雨の日、雪の日にこのレインシューズを履かない理由はないです。

詳しいことはこちらで